わたしの陰陽統合

1.人生のテーマ

陰陽統合についての記事が続きましたが、
そう言えば、わたしの人生のテーマは、
感謝しにくいに関連して、
陰陽統合でもあった気がします。

「自己犠牲・受け取り下手と意思表示」
の記事で、周りからもらうことが
あまり嬉しくなかったと書きましたが、
周りの家族との価値観が真逆でした。

相手に合わせると苦しい・納得できない、
でも意思表示ができない、
ということで、我慢や不満を溜めていました。

何ヶ月、何年か経つと、相手の言っていたことが
理解できるようになって、
そちらを採用すると物事もうまく運んだので、
だったら最初から合わせておこうと思って、
納得できないまま合わせていた時期が
ありました。

けれども、納得するまでの期間の我慢や不満が
大きくて、体調不良なども起こしていたので、
納得できてからの利点と比べると、
プラスマイナスゼロだったなと思います。

「潜在意識」「無意識」に溜まっていた感情は、
この我慢や不満が大きかったです。
「無意識」に関しては自己ヒーリングしながら、
泣き叫んでいたくらいなので…(^^;。

2.真逆

意思表示をするようになってからは、
意見のすり合わせをして真ん中に
持っていったり、
合わない時は、合わないまま
お互いの思うように動いたり。

そうしていくうちに、徐々に私も角が取れて、
真ん中になることが増えていき、
我慢や不満に感じることが減っていきました。

この真逆の関係は、
何かプロジェクトをする時には、
最大の効果を発揮して、
苦手・欠点を補え合えます。

意見のすり合わせが出来てきた頃に、
協同プロジェクトのようなことをする機会が
続きました。

そこでも意見の真逆は多々ありましたが、
プロジェクトとなると、相手の真逆が有り難いと
感じることがありました。

この関係がツインソウルです。

今となってみれば、この環境だからこそ
偏りが落とせてきたがします。

3.炙り出し

実は7月中旬に、
久々に意見真逆の対立をしてしまいました。

それがきっかけで体調を崩してしまい、
後で考えると、つまらないことに
拘っていたなと思いました。

なぜそこまで拘っていたかと考えると、
「宇宙の意図」(笑)。
炙り出されていたなと思います。

久々のこの1件でしたが、普段は、
メンターである宇宙エネルギーに、
蹴り飛ばされ続けて(笑)、
心底どちらでもいい、何でもいい、
ということが増えてきて、
どちらか❢という世界に違和感を感じるほどに
なってきました。