アセンションの旅

わたしの経験から
アセンションについて感じることです。
これまでのまとめのような感じです。

1.アセンションとは

先日、「ワンネスへ」の記事の中で、
アセンション、次元上昇は、
ワンネスへと向かう旅であると書きました。

その他に表現するなら、
エゴ落とし、枠外し、仕組みを知る、
愛、悟りへ向かう旅でもあります。

以前、「すべての枠を外す」の記事の中で、
枠組みができることで、
人や霊的存在がその枠を外すように
働きかけると書きました。

枠(固定観念、ブロック等)がある為に、
枠の中で感情回路、思考回路が
でき上がります。

すべての枠がない状態になると、
ステラゲートウェイチャクラから
グレートセントラルサンからの
心地よいエネルギーが入ってきます。

2.枠外し

次元が上がっていくうちに、
より大きな枠を外すことになり、
恐れ、不安などが沸き上がります。

昨日、残っている枠を外さないように
働きかけているものに気づきました。
それが、次へ進むことを阻んでいました。

この枠を外すことに抵抗がおき、
不安を煽るような言葉が入ってきました。
じっくり考えようとした時に、
高次から背中を押す言葉が入ってきました。
「後悔しません」と。

結果、この枠を外すことで、
また次の次元へと進み、
くっきり、すっきりの状態になりました。

いつもそうなのですが、
「この枠を外してしまったら、どうなるの?」
と思うものは、外しても、
どうにもなりません。

むしろ、頭にはめていた
輪っかが取れたように、
自由な状態になっていきます。


3.覚醒を阻むもの

枠によって感情回路、思考回路が
できる一方で、
エゴによっても枠ができ上がります。

エゴは自我であり、本心であるので、
悪者ではないのですが、エゴによって、
枠を外せなくなっていることがあります。

「枠外しと無条件の愛」の記事の中で
書きましたが、アセンションをしていくには、
「無条件の愛」の学びのエリアを通ります。

ここに、エゴやコントロールは相容れません。

「○○だから△△」
「○○の為に△△」という
発想がありません。

これらのエゴを手放していくことで、
穏やかな状態となり、
「ただ在る」の域に達します。

しかしながら、道中、
巧妙に落とし穴が仕掛けられており、
寸分のエゴも見落とされないような
状況に置かれます。

上昇すればするほど、巧妙となり、
チェックも厳しくなります。

出てくるエゴに気づき、手放す、
枠を外す、ことの繰り返しです。

4.ツール

悩みを解決する為に、
様々なツールを利用することがあると
思います。

わたしであれば、心理学、引き寄せ、
潜在意識、占星術、ヒーリングなど。

それらの知識として持っているものも、
枠を作ってしまうことがあります。

何も分からない状態から、知っていくことで
解決されていくことがありますが、
知った後、学んだ後には、そこに当てはめようと
無意識に枠を作ってしまい、
そこから出られない状態になることもあります。

枠であると気づいた時には、
一旦取り払ってみる、ということも大切です。

5.高次元

「意識の上昇と感情の解放」の記事の中で、
高次のもの、エネルギーの高いものに
触れた時に、低次の感情が出てくる、
と書きました。

上がってはエゴを落として真ん中に戻り、
また上がってはエゴを落として真ん中に戻り、
少しずつ底上げされていきます。

高次に行けば行くほど、
人間には理解できないことが増えていきます。

エゴとの闘いをしていたものが、
途中から、不信感との闘いになります。

残っているエゴと、固定観念、枠を
外していくことを繰り返していきます。

それらが外れていくにつれ、
不動の真実のようなものが見えていきます。


追記
さらにエゴ(自我)の手放しが進むと、
魂本来の自分(真我)と繋がります。
ハートチャクラから愛と豊かさが
溢れくる状態になります。


Share