ステージの把握

1.人生の山登り

これまで、「人生は自分を知る旅である」
「魂の成長の道のり」
「人生は魂を磨く旅である」
という記事を書いてきました。

その中で、螺旋階段状に山登りをしながら、
自分を知り、魂を磨いていくということを
書きました。

それを踏まえた上で、最近の出来事から、
大切なことに気づきました。

2.ナビ

先月、初めての場所に車で遠出をしました。
できるだけ分かりやすい道を選んで、
車のナビを設定していました。

しかし、目的地の手前で、
ナビが誤作動を始めて、わざと脇道にそれて、
元の道に戻そうとしてきました。

少し進むとまた同じことがあり、
繰り返しながら、何とか目的地に
辿り着くことができました。

帰り道、また同じような現象が起こりました。
気づかずに元来た道をぐるぐる回ったり、
ナビに気を取られているうちに、
前の車にぶつかりそうになって、
急ブレーキをかけて首を捻挫しました(^^;。

途中から、前に通ったことのある一本道になり、
明らかに違うということが分かったので、
ナビは無視して運転しました。

3.ステージの把握

あれは何だったのだろうと、
調べてみましたが、
その時はよく分かりませんでした。

しかし、ここ最近のことが、
これによく似ていることに気づきました。

そこではない、ということに気づく為に、
違う道を通ることがあります。

人生は螺旋階段状に上に登っており、
既に通ったステージではなく、
次のステージに進むようになっています。

先日大きな意識の反転が起きたところは、
以前行っていたボランティア活動で、
何度も落ちてきた落とし穴でした。

この記事を書きながら思い出しました。

それは、ステージが進むから
落とし穴になることであって、
そのステージにいると、
落とし穴にはならないことでした。

そこをクリアしかけた時に、
色々あって、闇落ちしていました(^^;。

けれども、その経験があったから
今回気づくことができ、
感謝に変わりました。

意識の反転が起きた後、
その部分に言及したブログを
偶然見つけました。
気づくまで見つけられなかったのだと
思います。

今いるステージを把握して、
目的地に向かっているかを見極めることが
大切です。

Share