ハートチャクラを開く

以前投稿した、
ハートチャクラの記事の冒頭部分と、
先週末からのわたしの変化です。

1.ハートチャクラ

ハートチャクラが初めて開いたのは、
7年前でした。
下から順番にチャクラが開き、
ある日家族への感謝の気持ちに溢れた時に、
ハートチャクラが開きました。

昨年の12月末、無条件の愛に至った時に、
ハートチャクラが大きく開いて、
勝手に涙がぽたぽたと落ちてきました。

その時、ハートチャクラから
様々な感情(ポジティブなもの)を
吐き出しました。

2.エゴ・共感力・ハート

先週末、霊的存在により
強いエゴの煽りがあり、
残っていたエゴが溢れてきました。

どうにもならない、くらいに
追い詰められました…(^^;。


別件で、
少し前から感じていた違和感が
ありました。

わたしは、小さい頃からエンパスで、
人一倍、共感力が高かったです。

共感して、うんうんと、
うなずきながら聞いてしまうので、
大勢で会話をしたり、講義を聞く時など、
話している人が、わたしを見て話す、
ということがよくありました。

その分、人の感情の影響を受けることが多く、
境界線を引くのが大変でした。

それが、覚醒が進むことで、
エネルギーをもらってしまうことはあっても、
共感が減っていました。

共感力は、長所でもあったので、
冷たい人になっている気がする……。

宇宙と繋がり始めてからは、
宇宙エネルギーによって、
感情の浄化を進めることになり、
やればやるほど、ハートが閉じていく、
ような気がする……。


また、最近、ハートに関することを
アドバイスいただいたことがありました。


今回、エゴの煽りと共感力と
アドバイスが繋がって、
ハートチャクラを意識して開いてみました。

すると…
エンティティを発見(*_*)。
時々ものすごくネガティブな言葉が
入ってくることがありましたが、
その正体でした。

除去した上で、ハートで感じてみると、
残っていたエゴが、
まるでなかったかのように
平和な世界でした…。


※追記
ハートチャクラを開きっ放しにすると、
エンティティの攻撃を受けることがあります。
「ハートで感じる」のが良いようです。

3.頭の感情と心の感情

1年前の冥王星水瓶座期に、
たまたま出会った本がありました。

"「普通がいい」という病"
泉谷閑示さん著、講談社現代新書

精神科のお医者様のお話で、
頭の感情と心の感情について
書いてありました。

もう一度振り返ってみて。
エゴは、頭の感情なんですね。
現在過去未来の物事を総括して、
頭で考えた結果の感情。

けれども、この感情を出さないと、
ハートの感情まで辿り着けません。

また、ハートで感じ続けようとしても、
例えば、ブログを書こうとするだけで、
もう頭で組み立てているようになります。

その件について、高次に問い合わせしました。

エゴの手放しの過程を踏んでのココ。

過度の共感力はいらないので、
今、適切な状態。

エゴを無視すると、
感情を感じなくしていた時と
同じなので、そこは感じて
手放しつつ、できるだけハートで
感じていくように、と。

わたしのブログが初めての方へ…
引き寄せにはまっていた頃、
ネガティブな感情を
感じないようにしていたので、
潜在意識・無意識に感情が溜まっており、
感じない癖がついていました。

チャクラが開いてから今まで、
感情を感じること、
不要な感情の浄化・手放しを進めてきました。

時々、予想もしない展開がありますが、
経験上、すべては最善にして起こっており、
段階を踏んで進んでいるのであろうと思います。
(自我と真我の統合、
頭の感情と心の感情の統合のようです)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「普通がいい」という病 (講談社現代新書) [ 泉谷 閑示 ]
価格:1,012円(税込、送料無料) (2024/3/24時点)


Share