各次元の特徴【一部有料】

1.各次元の特徴

各次元の主な特徴です。

わたしの経験と
チャネリングで受け取った情報を
元にまとめています。

以前アップした記事に、
加筆修正しました。

随時更新していきます。

2.1~5次元

1次元が点、2次元が平面、
3次元が立体です。

4次元は時間が加わり、
5次元は空間認知力が加わります。

2次元は1次元を内包し、
3次元は2次元と1次元を内包し…と
続いていきます。

人間においては、
人体の7チャクラが開かれ、
地球におけるカルマが精算された
状態が5次元、
自己の陰陽(男性性と女性性、
喜怒哀楽などの感情)などを
統合した状態です。

これらが統合されると、
クンダリーニ覚醒が起こります。

3.6次元以降

6次元以降は、自己の中の
不要な感情や思考を手放し、
自己の外にあるもの
(天体意識、神意識、銀河(超)意識、
過去/未来など)と統合していきます。

手放しの割合、
陰陽統合の割合によって、
次元が上がっていきます。

6次元

アセンションチャクラが
全て開かれた状態です。

高次との繋がりが深まります。

アセンションチャクラは、
ハイヤーセルフによって
開閉がなされます。

天体意識と統合します。

アセンションチャクラ

7次元

ハイヤーセルフとの繋がりが強化され、
人体の7チャクラとアセンションチャクラが
統合します。

8次元

高次との繋がりが強化されます。

幽界を通過中、
エンティティ(霊的存在)から、
エゴの炙り出しが行われます。

神意識と統合します。

※エンティティはエゴを煽ります。
 ガイドはエゴが浄化されたか
 お試しをします。
 見極めてくださいとのことです。