感情の浄化

感情の浄化

昨年4月から感情の浄化について
テーマを変えながら、
ブログを書いてきました。

揺さぶり・炙り出しを受けて、
自分の中で乗り越えて、
レポートとして提出する、
という感じでした。

わたしの感情を
炙り出してくれたのは、
ヒーリングエネルギー、
周囲の人、天体エネルギー、
霊的存在でした。

浄化が進んで、
人との間で炙り出されるものが
少なくなっていくと、
エネルギーや霊的存在からの
炙り出しが増えていきました。

「終わった」「大きな森を抜けた」
と感じたことは何回もあり、
「完了」や「終わりました」
のメッセージも、
何回も受け取りました。

でも「もっと大きな森の中」にいて、
異なる対象から炙り出しや浄化を
受けていくことになりました。

『すべての枠を外す』で書いたように、
不要な思考や感情がなくなるまで、
炙り出しや浄化は続きます。

炙り出されたもの

8月末から昨日まで、霊的存在に
炙り出しを受けていたことです。

◇特別感
◇優越感
◇残っている執着
◇怒り
◇不信感と信じすぎるところ
◇油断
◇ジャッジ

「終わりました」「○○しました」
のメッセージを何回も受け取って、
それが自分の中で
こだわりがあるところであり、
特別感を煽られたので、
「油断」して何回も落ちました。

「特別感」「優越感」は、
なぜか心の学びを始めた頃から、
徹底的に訓練を受け、
少しでもその感情が出ると、
落とされてきました。

インナーチャイルドが原因で
自己肯定感が低かったので、
認められたくて頑張る。
でも「特別感」「優越感」が出ると、
落とされるので、
また自己肯定感が下がる、
というループをしていました。

6月にインナーチャイルドを
完全に浄化してから、
「認められたい」欲求はなくなり、
「特別感」もなくなったと
思っていました。

しかし、今回の特別感の煽り方は
半端ではなく、
「あなただけですよ」が
バンバン来たので、
ふらっといって、
突き落とされました(^^;。

残っているものが
炙り出されている間に、
悲しくて泣き、腹が立って泣き、
感動して泣き、感謝して泣き、
と、何回も泣きました。

ここまで炙り出すのは、
霊的存在にしかできないだろうなと
思いました(^^;。