支配的な男性性とインナーチャイルド

今日のエネルギーリーディング
「愛に向かうのに必要なものは何か。
手に入れていないものは何か。
己の心に問うてみよ。」

1.怒りの解放

今日はひょんなことから、
男性性への怒りが出てきて、
解放しました。

土の時代は縦社会、権威権力、
弱肉強食、競争など、
男性性の社会でした。

風の時代になり、
横社会、フランクな繋がりなど、
女性性の社会へと変化をしています。

今の子ども達は、とてもフランクです。

2.支配的な男性性

わたしは小さい頃から
家の中が縦社会でした(^^;。

反抗期では時々激しい喧嘩をし、
子どもが生まれてからは、
弱者である子どもに
そのストレスを発散していました。

数年かけて、インナーチャイルドや
潜在意識・無意識を癒やし、
意見を言う努力をして、
対等な関係性へと変わっていきました。

3.愛情不足

縦社会、権威権力、弱肉強食、競争へと
陥ってしまう原因として、
「愛情不足」が挙げられます。

両親から、過干渉・過保護・放任など、
適切な愛情を受けられていない場合、
愛情の出し方が分からず、
パートナー、子ども、部下に対して、
支配的な愛情になってしまうことがあります。

成熟した男性性とは、
包み込む愛情、個を尊重したリーダーシップ
などです。

女性側・部下側に「愛情不足」があると、
同じく「愛情不足」である
男性や上司を引き寄せ、
支配する側と支配される側、
の構造ができあがってしまいます。

女性、男性ともに、
インナーチャイルドの癒やしが必要です。

また、先日の記事で振れた、
やらなければいけないことに追われて、
やりたいことができていない場合も
支配的な男性性へと陥ることがあります。

この場合は、過度の責任感や義務感を解放し、
好きなことやのんびりする時間を作って、
女性性を育むことが大切です。

「無意識ヒーリングセッション」では、
ご自身では気づいていない
インナーチャイルドやトラウマなどを、
ヒーリングで浄化します。

体験セッションご感想・自分のやりたいこと/追求

ヒーリング/カウンセリング
 エネルギー変化による体調不良、
 意識の変容など。
 体験セッション、定期コース、
 チャットカウンセリング他。

Share