智の覚醒と愛の覚醒②

先ほどの記事を書きながら、
智の覚醒と愛の覚醒は、
シリウスの叡智とアルクトゥルスの愛である、
と感じました。

今世、過去世において、
2つに分かれた二元性を統合することを
テーマとして持っているようで、
ブログを書いていても、
何かと何かが統合、という内容が
よく出てきます。

先日、有料記事の中に書いた
過去世2つにおいては、
敵同士の仲を取り持つという経験をしており、
結局うまく取り持てなくて終わる、
という悲しい結果でした。

何か2つに分かれたものが統合されると、
とても嬉しく感じ、魂が喜びます。

2つに分かれたあらゆるものを
統合していくことが、
バックグラウンドにある
大きな使命かも知れません。

叡智と愛の統合は、魂が震えました(*^^*)。

相反するもの、がテーマである為、
わたしの中の二元性も、
とにかく両極端でした。

どちらかに偏る経験をして、
その後統合していくという形でしたが、
偏っている間は別人のようで…。
その分、どちらも分かります。

人生の中で、神社や寺院と関わる機会が
多くありました。
寺院に縁が深い時、神社に縁が深い時、
これも両方を経験してきました。

最近は、行く度に、長い歴史の中で
悟りを目指しておられた方々に
想いを馳せます。

過去世では出家していたのですが、
今世は、街中に住みながら、
現実生活を営みながら、
1人の時間は俗世を離れて、
精神修養?をしているかのようです。