満月の裏側で

満月のエネルギーの裏側で、
個人的に色んなことを感じましたので、
書きとめておきます。

1.魂の関係と過去世の関係

今世出会ってきた、
魂の深い関係の方々との、
魂の関係性について、
情報開示があり、
ずっと不思議だったことが
納得できました。

そして、過去世において
どのような関係であったのかも
分かりました。

今世は、魂の繋がりの深い方々との、
共演でした。

そのことをじわ~っと感じ、
今世・過去世・魂が一体になったような
感覚がありました。

2.二元性の統合

180度のアスペクトによって
炙り出された二元性、
潜在意識から出てきた二元性について、
腑に落ちるまで考え、
中庸の結論に至りました。

中庸にしようと
思っていたわけではないのですが、
結局、納得のいく答えは、
両方を兼ね備えた結論でした。

満月のエネルギーは、
ライオンズゲートと同じ、
陰陽統合を促すものでした。

3.感謝

あらゆることに感謝の気持ちを感じ、
何度か涙を流しました。

以前に見た、
生まれてくる前の映像を
もう一度、明晰夢で見ていました。

地球、宇宙、今世、過去世、
高次の存在…など、
様々なものが一体となった
ワンネスの世界であり、
まるでSF映画の中にいるような、
壮大な状況となっていました。

エネルギー調整の後、
宇宙にスパルタで鍛えられてきた
これまでの自分を振り返り、
「お疲れ様」と労いました。