腑(ふ)に落とす・頭と心の感情【再掲】

今年春分から
冥王星に厳しく正されたところです。

1.腑に落とす

「腑に落とす」「腑に落ちる」とは、
「納得する」「合点がいく」などの
意味を表します。

「腑」とは「はらわた」「臓腑」、
「心の底」のことを指しています。

何か行動を起こす時に、
「腑に落ちている」かどうかが
とても大切です。

例えば、本で読んだこと、
ネットで目にしたこと、
人から言われたこと、などを
そのまま実行しても、
心底「腑に落ちていない」と
効果がなかったり、疑問が残ったり、
楽しめなかったりするでしょう。

2.頭の感情と心の感情

「思考」と「感情」はよく対比して
使われることがあります。

ここでは、頭で考える思考と、
頭から出てきている感情とを分けて
考えていきます。

過去の経験や理論・理性などから、
人は頭で物事を考えていきやすいものが
あります。そこから発生する感情が
「頭の感情」です。
エゴはここに入ります。

エゴを取り去ったり、心の奥を見ていく
ことで出てくる、心(ハート)からの感情が
「心の感情」です。

常にハートと繋がることを意識していく
ことで、頭の感情と心の感情は次第に
一致していくようになります。

  参考文献
  「『普通がいい』という病」
  泉谷閑示さん 講談社現代新書 

意識が上昇していく過程においては、
頭の感情だけが上昇してしまい、
心の感情が置き去りになって、
頭と心が分離してしまうことがあるので、
注意が必要です。

3.頭と心と行動を一致させる

「答えは自分の中にある」の記事で
書いたように、今、宇宙からは「頭と心と
行動を一致させる」ことが促されています。

何かもやもやすることがある場合、
心の中を深く掘り、ここが一致しているか
どうか見てみてください。

そして、ずれているところを一致させて
いきましょう。

何かネガティブな感情が出てきた時は、
解放していきましょう。

もやもやしたり、納得できていないけれど、
どこがずれているのか分からない場合は、
セッションやヒーリングをご利用くださいね。
透視リーディングで、深層心理を読み取り、
アドバイスさせていただいきます。

また、頭と心の感情の一致や、
ハートとの繋がり方が、よく分からない場合は、
詳しくご説明いたします。

Share