陰と陽から中庸へ

昨日の二元性の統合の話の続きです。

1.陰陽統合

少し前に、これまでやってきた
課題を書き上げた時、
「カルマ解消ばかりしている…」と
思いました。

それに加えて、今感じることは、
「陰陽統合ばかりしている…」

この2つはアセンションに向かうまでの
大きな柱となっています。

陰極まれば陽となり、反対に、
陽極まれば陰となります。

振り切るともう片方へ移動し、
両方振り切ると、真ん中に至ります。

宇宙エネルギーによって、
揺さぶりを受けている今、
不要な感情などの削ぎ落としをしつつ、
陰と陽に振り切らされています。

振り切っている時に
「今振り切らされている」と
思う余裕はないですが…(^^;。

そして、どちらもやって、
真ん中(中庸)へ統合です。

2.自我と真我

自我と真我に関しては、ざっくりと
①我慢が多い時期
②やりたい(自我)ことが多い時期
③真ん中に至り真我を生きる時期
に分かれると思います。

①と②の時期の中で、他の項目についても
陰と陽に揺らされ、③に至ります。

情報は様々ですが、わたしの認識では、
②が5次元、
③がアセンション後さらに進んだ状態です。

今世どこからスタートするのか、
どんなペースで進むのか、
どこまで行くのか、
人によって違うと思いますが、
③へ向かっていると、
その揺さぶりが速いし激しくなります。

揺らされ方も半端ではなくなりますが、
それを超えると、
1つずつ平和になっていきます。

Share